Now Loading...

Now Loading...

未来縁人

未来縁人

ABOUTさんいん 未来・縁人

TSKグループ6社(山陰中央テレビ、ミック、テクノプロジェクト、ティーエスケイ情報システム、レテック、TSKエンタープライズ)は、
2018年4月にTSKグループ基金 「さんいん 未来(ミライ)・縁人(エンジン)」を設立し、社会貢献活動を展開しています。
当基金の呼称「さんいん 未来・縁人」は、山陰地方の未来を応援する推進力(=エンジン)になりたいとの想いを込めたものです。
TSKグループは、これからも地域を敬い、情熱と想像力をもって仕事にあたり、
地域に信頼され地域とともに発展する企業グループでありたいと願っています。

TSKグループ

TSKグループ基金 「さんいん 未来(ミライ)・縁人(エンジン)」

 当基金では、伝統芸能・伝統工芸・スポーツの3分野を中心に、
山陰の未来を担う「若手世代」や「後継者育成」をキーワードとした支援活動を展開してまいります。

地域伝統芸能支援 地域伝統工芸支援 地元スポーツ支援

NEWS新着情報

PICK UP注目情報

TAKUMI– 山陰の創造者たち –

TAKUMI – 山陰の創造者たち –

SEASONⅡ♯9 すき和紙職人・佐々木誠(江津市)

1月16日(木)よる9時54分放送
江津市桜江町の佐々木誠さんは手漉き和紙の職人。100年を超える歴史を持つ「勝地半紙」の技をただひとり受け継いでいる。
「勝地半紙」は丈夫で水にも強く、石見地方でも一、二を争う上質な紙として古くから知られてきた。佐々木さんは、一度途絶えかけたその技法を叔父から受け継ぎ、次の時代へ伝えようと奮闘している。
原料の楮(こうぞ)の加工から、紙すきまで一貫して手がけるTAKUMIの技に迫り、伝統の継承にかける思いを聞く。

CLICK
当基金では、伝統芸能・伝統工芸・スポーツの3分野を中心に、
山陰の未来を担う「若手世代」や「後継者育成」をキーワードとした支援活動を展開してまいります。
さんいん 未来・縁人
TSKグループ6社(山陰中央テレビ、ミック、テクノプロジェクト、ティーエスケイ情報システム、レテック、TSKエンタープライズ)は、
2018年4月にTSKグループ基金 「さんいん 未来(ミライ)・縁人(エンジン)」を設立し、社会貢献活動を展開しています。
当基金の呼称「さんいん 未来・縁人」は、山陰地方の未来を応援する推進力(=エンジン)になりたいとの想いを込めたものです。
TSKグループは、これからも地域を敬い、情熱と想像力をもって仕事にあたり、
地域に信頼され地域とともに発展する企業グループでありたいと願っています。