Now Loading...

Now Loading...

未来縁人

未来縁人

ABOUTさんいん 未来・縁人

TSKグループ6社(山陰中央テレビ、ミック、テクノプロジェクト、ティーエスケイ情報システム、レテック、TSKエンタープライズ)は、
2018年4月にTSKグループ基金 「さんいん 未来(ミライ)・縁人(エンジン)」を設立し、社会貢献活動を展開しています。
当基金の呼称「さんいん 未来・縁人」は、山陰地方の未来を応援する推進力(=エンジン)になりたいとの想いを込めたものです。
TSKグループは、これからも地域を敬い、情熱と想像力をもって仕事にあたり、
地域に信頼され地域とともに発展する企業グループでありたいと願っています。

TSKグループ

TSKグループ基金 「さんいん 未来(ミライ)・縁人(エンジン)」

 当基金では、伝統芸能・伝統工芸・スポーツの3分野を中心に、
山陰の未来を担う「若手世代」や「後継者育成」をキーワードとした支援活動を展開してまいります。

地域伝統芸能支援 地域伝統工芸支援 地元スポーツ支援

NEWS新着情報

PICK UP注目情報

TAKUMI– 山陰の創造者たち –

TAKUMI – 山陰の創造者たち –

SEASONⅡ♯5 煤竹箸・若槻和宏(煤竹工房奥出雲:奥出雲町)

9月19日(木)よる9時54分放送
第5回は、島根県奥出雲町で竹箸を作る職人・若槻和宏さんにスポットを当てる。
箸の材料「煤竹(すすだけ)」は、茅葺き屋根の骨組みなどに使われた竹が、100年以上にわたって囲炉裏で燻されたもの。硬く、狂いのない煤竹は、地元で生産される「雲州そろばん」の軸に使われている。
若槻さんは、煤竹が生み出す独特の繊維模様や光沢の美しさをいかしながら、箸先がぴたりと合う、精密な仕上がりに心を砕く。使う人のため、「唯一無二」の箸づくりを極める、その想いを聞く。

CLICK
当基金では、伝統芸能・伝統工芸・スポーツの3分野を中心に、
山陰の未来を担う「若手世代」や「後継者育成」をキーワードとした支援活動を展開してまいります。
さんいん 未来・縁人
TSKグループ6社(山陰中央テレビ、ミック、テクノプロジェクト、ティーエスケイ情報システム、レテック、TSKエンタープライズ)は、
2018年4月にTSKグループ基金 「さんいん 未来(ミライ)・縁人(エンジン)」を設立し、社会貢献活動を展開しています。
当基金の呼称「さんいん 未来・縁人」は、山陰地方の未来を応援する推進力(=エンジン)になりたいとの想いを込めたものです。
TSKグループは、これからも地域を敬い、情熱と想像力をもって仕事にあたり、
地域に信頼され地域とともに発展する企業グループでありたいと願っています。